Linuxを学び、楽しみたい人々のために

インストールメディアブート

ページ作成日 2002/6/30
ページ更新日 2016/5/4

カーネルの種類選択

UEFIブートのPCでインストールメディアを起動すると、以下のような画面が表示されます。

通常は、1番目の「Slackware 14.2 huge.s kernel」を選んで下さい。
もしも、1番目を選んで、文字化けが生じたり、何も表示されなかった場合は、2番目の「Slackware 14.2 huge.s kernel (use KMS console)」を選んで下さい。

KMSとは、ユーザースペースではなく、カーネル空間でディスプレイの解像度・色深度を設定する方法です。

                            GNU GRUB version 2.00
Slackware 14.2 huge.s kernel                                             
Slackware 14.2 huge.s kernel (use KMS console)
Detect/boot any installed operation system








     Use the ▲ and ▼ keys to select which entry is highlighted.
     Press enter to boot the selected OS, 'e' to edit the commands
     before booting or 'c' for a command-line.

キーボードの種別選択

次に、キーボードの種別を選択します。
USのASCII配列のキーボードを使っているのであれば、このままEnterキーを押せば良いのですが、大抵は日本語JIS配列のキーボードをお使いの筈です。
そこで、この画面では、1を入力してEnterキーを押して、キーボードの種別の選択に進みます。


<OPTION TO LOAD SUPPORT FOR NON-US KEYBOARD>

If you are not using a US keyboard, you may now load a differnt
keyboard map.  To select a different keyboard map, please enter 1
now.  To continue using the US map, just hit enter.

Enter 1 to select a keyboard map:

次の画面で、qwerty/jp106.mapを選択します。

              KEYBOARD MAP SELECTION
You may select one of the following keyboard maps.
If you do not select a keyboard map, 'us.map' (the
US keyboard map) is the default. Use the UP/DOWN
arrow keys and PageUp/PageDown to scroll through
the whole list of choices.
         qwerty/il-phonetic.map
         qwerty/il.map
         qwerty/is-latin1.map
         qwerty/it-ibm.map
         qwerty/it.map
         qwerty/it2.map
         qwerty/jp106.map
         qwerty/kazakh.map
         qwerty/ky_alt_sh-UTF-8.map
         qwerty/kyrgyz.map                        
               <  OK  >       <Cancel>             

次の画面で、キーボードの試し打ちができます。
問題が無ければ、1を入力してEnterキーを押します。
2を入力してEnterキーを押せば、再度キーボードマップを選択し直すことができます。


OK, the new map is now installed. You may now test it by typing
anything you want. To quit testing the keyboard, enter 1 on a
line by itself to accept the map and go on, or 2 on a line by
itself to reject the current keyboard map and select a new one.


_





キーボードの選択が終わると、以下のような画面になります。
ここでは、インストールに際しての重要事項が書かれています。

  • 最低でも1つは「Linux native」のパーティションが必要です。また、スワップパーティション(「Linux swap」)のパーティションをインストールの前に作成することが推奨されます。
  • もしもメモリの量が少ない事に起因する問題が起きた場合は、セットアップの前にスワップを有効化できます。スワップパーティション(type 82)をcfdiskもしくはfdiskで作成後、以下のコマンドで有効化できます。
    (sda2がスワップパーティションの場合)
    mkswap /dev/sda2 ; swapon /dev/sda2
  • Linux用のパーティションを用意できたら、「setup」と打ち込んで、インストールに進むことができます。
  • カラーモニターを持っていない場合は、「TERM=vt100」と打ち込んでから、「setup」と打ち込みます。

まずは、ここでは、rootと打ち込んで、rootでログインします。
ここでは、rootのパスワードは要求されません。



Welcome to the Slackware Linux installation disk! (version 14.2)

######  IMPORTANT!  READ THE INFORMATION BELOW CAREFULLY.  ######

- You will need one or more partitions of type 'Linux native' prepared.  It is also
  recommended that you create a swap partition (type 'Linux swap') prior
  to installation.  For more information, run 'setup' and read the help file.

- If you're having problems that you think might be releated to low memory, you
  can try activating a swap partition before you run setup.   After making a
  swap partition (type 82) with cfdisk or fdisk, activate it like this:
    mkswap /dev/<partition> ; swapon /dev/<partition>

- Once you have prepared the disk partitions for Linux, type 'setup' to begin
  the installtion process.

- If you do not have a color monitor, type:  TERM=vt100
  before you start 'setup'.

You may now login as 'root'.

Slackware login: _

rootでログインすると、以下のような画面が表示されます。



Linux 4.4.8.

If you're upgrading an existing Slackware system, you might want to
remove old packages before you run 'setup' to install the new ones. If
you don't, your system will still work but there might be some old files
left laying around on your drive.

Just mount your Linux partitions under /mnt and type 'pkgtool'. If you
don't know how to mount your partitions, type 'pkgtool' and it will tell
you how it's done.

To partition your hard drive(s), use 'cfdisk' or 'fdisk'.
To start the main installation (after partitioning), type 'setup'.

root@slackware:/# _

次は、パーティショニングに進みます。