Linuxを学び、楽しみたい人々のために

パーティションのフォーマットとディレクトリマッピング

setup起動

setupと打ち込んでEnterキーを押して、Slackwareのインストールプログラムを起動させます。


root@slackware:/# setup

スワップの組み込み・アクティブ化

Slackware Linux Setupのメニューが表示されます。
まず最初に、Swap領域を組み込みます。
矢印キー(↓)でADDSWAPを選択しEnterキーを押します。

               Slackware Linux Setup (version 14.2)
Welcome to Slackware Linux Setup.
Select an option below using the UP/DOWN keys and SPACE or ENTER.
Alternate keys may also be used: '+', '-', and TAB.
    HELP       Read the Slcakware Setup HELP file                 
    KEYMAP     Remap your keyboard if you're not using a US one   
    ADDSWAP    Set up your swap partition(s)                      
    TARGET     Set up your target partitions                      
    SOURCE     Select source media                                
    SELECT     Select categories of software to install           
    INSTALL    Install selected software                          
    CONFIGURE  Reconfigure your Linux system                      
    EXIT       Exit Slackware Linux Setup                         
                   <  OK  >            <Cancel>             

すると、次のような画面が表示されて、無事にGPTで作成したスワップ用パーティションが認識されます。

                  SWAP SPACE DETECTED
Slackware Setup has detected one or more swap partitions
on your system.  These partitions have been preselected
to be set up as swap space.  If  there are any swap
partitions that you do not wish to use with this
installation, please unselect them with the up and down
arrows and spacebar.  If you wish to use all of them
(this is recommended), simply hit the ENTER key.
      [*] /dev/sda2  Linux swap partition, 16GB        
              <  OK  >         <Cancel>

次に、スワップパーティションのバッドブロックのチェックをするかどうかを訊いてきます。
昨今のHDDは、自己診断機能を持っているので、デフォルトはNoだという説明が書いてあります。
ですので、そのままNoで良いです。

        CHECK PARTITION FOR BAD BLOCKS?
Slackware Setup will now your system's swap
space.  When formatting swap partitions with mkswap you
may also check them for bad blocks.  This is not the
default since nearly all modern hard drives check
themselves for bad blocks anyway.  Would you like to
check for bad blocks while running mkswap?
                < Yes >         < No  >

Swapのパーティションをフォーマットした後、Swap領域としてmountされます。
OKを押して、次へ進みます。

                       SWAP SPACE CONFIGURED
Your swapspace has been configured. This information will
be added to your /etc/fstab:

/dev/sda2        swap             swap        defaults         0  0


                              <  OK  >

パーティションのフォーマットとマッピング

/(ルート)をどのパーティションに割り当てるかを決めます。
パーティショニング設計で、/dev/sda2を/(ルート)に割り当てると決めてあるので、このままEnterキーを押します。

               Select Linux installation partition:
Please select a partition from the following list to use for your
root (/) Linux partition.
    /dev/sda3  Linux 30G                                   
    /dev/sda4  Linux 54G
    ---        (done adding partitions, continue with setup)
    ---        (done adding partitions, continue with setup)
    ---        (done adding partitions, continue with setup)
                 <Select>            <Continue>             

次に、フォーマットとBad Blockのチェックについて選択を求められます。

Format
クイックフォーマットを行い、Bad Blockチェックは行いません
Check
スローフォーマットを行い、Bad Blockの有無をチェックします。
No
フォーマットもBad Blockのチェックも行いません。

通常であれば、Formatで十分です。
しかし、古いHDDを使用しているのであれば、Checkを選択した方がいいかもしれません。

                    FORMAT PARTITION /dev/sda3
If this partition has not been formatted, you should format it.
NOTE: This will erase all data on it. Would you like to format
this partition?
         Format  Quick format with no bad block checking        
         Check   Slow format that checks for bad blocks
         No      No, do not format this partition
                  <  OK  >          <Cancel>             

Formatを選んだ場合に、どのファイルシステムでフォーマットするかを選択します。
デフォルトでは、ext4が選ばれています。

それぞれのファイルシステムで強みと弱みがあります。
マシンのスペックがそれほど旧式でなければ、xfsをお勧めします。
CPUパワーを多少消費しますが、一般的に最高速のI/Oを実現することが可能です。

               SELECT FILESYSTEM FOR /dev/sda3
Please select the type of filesystem to use for the specified
device.  Here are descriptions of the available filesystem:   Ext2
is the traditional Linux file system and is fast and stable.  Ext3
is the journaling version of the Ext2 filesystem.  Ext4 is the
successor to the ext3 filesystem.  JFS is IBM's Journaled
Filesystem, currently used in IBM enterprise servers.  ReiserFS is a
jouranling filesystem that stores all files and filename in a
balanced tree structure.  XFS is SGI's journaling filesystem that
originated on IRIX.
    ext2      Standard Linux Ext2 Filesystem           
    ext3      Ext3 Journaling Filesystem           
    ext4      Ext4 Journaling Filesystem
    jfs       IBM's Journaling Filesystem                          
    reiserfs  ReiserFS Journaling Filesystem           
    btrfs     Btrfs Copy-onWrite B-tree Filesystem           
    xfs       SGI's Journaling Filesystem           
               <  OK  >         <Cancel>             

フォーマットが終了すると、他にもパーティションが存在する場合は、それらのパーティションをどのディレクトリにマッピングしてマウントするか訊かれます。
例として、/dev/sdc4を/homeにマッピングします。
矢印キー(↑↓)で/dev/sda4を選択し、Enterキーを押します。

その後、/dev/sda3と同じようにフォーマットするかどうか、またどのファイルシステムにするかを選びます。

           Select other Linux partitions for /etc/fstab
You seem to have more than one partition tagged as type Linux.
You may use these to distribute your Linux system across more than
one partition.  Currently, you have /dev/hda5 mounted as your /
partition.  You might want to mount directories such as /home or 
/usr/local on separate partitions.  You should not try to mount
/etc, /sbin, or /bin on their own partitions since they contain
utilities needed to bring the system up and mount partitions.
Also, do not reuse a partition that you've already entered before. 
Please select one of the Linux partitions listed below, or if
you're done, hit <Continue>.
    (IN USE)   /dev/sda3 on / Linux 30G
    /dev/sda4  Linux 54G
    ---        (done adding partitions, continue with setup)      
    ---        (done adding partitions, continue with setup)
                  <Select>           <Continue>             

選択したパーティションをどこのディレクトリとしてマウントするかを入力します。
ここでは、/homeと入力します。

          SELECT MOUNT POINT FOR /dev/sda4
OK, now you need to specify where you want the new
partition mounted.  For example, if you want to put it 
under /usr/local, then respond:  /usr/local
Where would you like to mount /dev/sda4?
_                                                     
            <  OK  >       <Cancel>

フォーマットするファイルシステムの選択→マウントするパーティションの選択→マウントポイントのディレクトリの指定を繰り返して、全てのパーティションをマッピングします。
すると、下記のようにどのパーティションをどのディレクトリにマッピングしてマウントしたか一覧が表示されます。

Enterキーを押して次へ進みます。

             DONE ADDING LINUX PARTITONS TO /etc/fstab
Adding this information to your /etc/fstab:
                                                                   
/dev/sda3        /                xfs         defaults         1  1
/dev/sda4        /home            xfs         defaults         1  2




                              <  OK  >

EFIパーティションのフォーマット

次に、EFIパーティションがフォーマットされていないのでフォーマットするか?と訊かれます。

         FORMAT EFI PARTITON /dev/sda1?
An EFI System Partition was found on /dev/sda1, but
it has not yet been formatted.  Would you like to
format this partition?
              < Yes >         < No  >

フォーマットが終わると、/etc/fstabに情報を追加した旨の通知が表示されますので、Enterキーを押して次へと進みます。

             EFI SYSTEM PARTITON RECOGNIZED
Adding this information to your /etc/fstab:
                                                                   
/dev/sda1        /boot/efi        vfat        defaults         1  0


                              <  OK  >

次は、パッケージの選択とインストールに進みます。