Linuxを学び、楽しみたい人々のために

パッケージの選択とインストール

ページ作成日 2016/5/4

インストールメディアの選択

次にSlackwareをどこからインストールするかを選択します。
今回の場合は、デスクトップPCにインストールするので、CD-ROMからインストールします。
矢印キー(↑↓)でCD-ROMを選択し、Enterキーを押します。

                     SOURCE MEDIA SELECTION

Please select the media from which to install Slackware Linux:
           1 Install from a Slackware CD or DVD
           2 Install from a Slackware USB stick
           3 Install from a hard drive partition                 
           4 Install from NFS (Network File Sysmtem)
           5 Install from FTP/HTTP server
           6 Install from Samba share
           7 Install from a pre-mounted directory
                <  OK  >          <Cancel>             

CD-ROMドライブを自動で検出するか、それとも手動で認識させるかを選択します。
普通のSATA接続のCD-ROM/DVD-ROM/Blu-ray Discドライブを使用している場合は、自動検出で大丈夫です。
autoが選択されている状態でEnterキーを押します。

                      SCAN FOR CD or DVD DRIVE
Make sure the Slackware disc is in your CD/DVD drive, and then press 
ENTER to begin the scanning process. Or, if you'd rather specify the
device name manually (experts only), choose that option below.
         auto    Scan for the CD or DVD drive (recommended)
         manual  Manually specify CD or DVD by device name          
                    <  OK  >           <Cancel>

パッケージシリーズの選択

Slackwareは、パッケージを16のカテゴリ(パッケージシリーズ)に分けて管理しています。

  • A・・・基本Linuxシステム(最低限このパッケージが必要)
  • AP・・・Xが必要ないアプリケーション群
  • D・・・プログラム開発(C、C++、Lisp、Perlなどのプログラミング言語、開発に必要なツール等)
  • E・・・GNU Emacs(エディタの一言で済ませてしまうとEmacs好きな人から怒られます。統合環境と呼べばいい?)
  • F・・・FAQ、HOWTOドキュメント
  • K・・・Linuxカーネルソース
  • KDE・・・KDE環境
  • KDEI・・・KDEの国際化パッケージ群
  • L・・・システムライブラリ群(KDE、GNOME、X、その他で必要になるライブラリ。ちなみにGNOMEは別途自分で入れる必要があります。)
  • N・・・ネットワーク関係(TCP/IP、UUCP、Mail、News関係のソフトウェア等)
  • T・・・組版ソフトTeX
  • TCL・・・GUI作成スクリプト言語Tcl/Tk
  • X・・・X Windowシステム
  • XFCE・・・Xfceデスクトップ環境
  • XAP・・・X上で稼動するアプリケーション群
  • Y・・・ゲーム

デフォルトで、KDEI以外は全てチェックが入っています。
KDEIのチェックが外れていますが、日本語環境にするために必要なので、矢印キー(↓)でKDEIにカーソルを移し、スペースバーで選択します。
選択を終えたら、Enterキーを押します。

                       PACKAGE SERIES SELECTION
Now it's time to select which general categories of software to install
on your system.  Use the spacebar to select or unselect the software
you wish to install.  You can use the up and down arrows to see all the
possible choices.  Recommended choices have been preselected.  Press
the ENTER key when you are finished.
   [X]A      Base Linux system
   [X]AP     Various Applications that do not need X   
   [X]D      Program Development (C, C++, Lisp, Perl, etc.)
   [X]E      GNU Emacs
   [X]F      FAQ lists, HOWTO documentation
   [X]K      Linux kernel source
   [X]KDE    The K Desktop Environment for X
   [ ]KDEI   International language support for KDE
   [X]L      System Libraries (needed by KDE, GNOME, X, and more)
   [X]N      Networking (TCP/IP, UUCP, Mail, News)
   [X]T      TeX typesetting software
   [X]TCL    Tcl/Tk script languages
   [X]X      X Window System
   [X]XAP    X Applications
   [X]XFCE   The Xface Desktop Environment for X
   [X]Y      Games
                  <  OK  >              <Cancel>             

実際は矢印キー(↑↓)で画面をスクロールしなければ、全てのパッケージシリーズは表示されません。

パッケージの表示モードについて

次に、パッケージをインストールする際の表示について選択します。

  • full … 全てのパッケージをインストール。全部で9GB以上必要。これが推奨になります。
  • terse … 簡易モード。fullと同じですが、インストール中に1行しかパッケージの情報を表示しません。
  • menu … パッケージシリーズからインストールするものを個別に選択してインストールします。
  • expert … 個々のパッケージについて一覧からインストールするものを選択して一括処理する
  • newbie … 1つ1つのパッケージの説明画面が表示されて、インストールするかしないかを選択していく
  • custom … パッケージディレクトリに入れたカスタマイズしたtagfileを参照してインストールする
  • tagpath … 指定したディレクトリに格納されているカスタマイズしたtagfileを参照してインストールする

昔と違って、市販のハードディスクは安くて容量も潤沢になりましたし、依存関係も複雑になってきているので、Slackwareは「full」が推奨になりました。

fullを選択している状態にして、Enterキーを押して、次へ進みます。

                      SELECT PROMPTING MODE
Now you must select the type of prompts you'd like to see during the
installation process.  If you have the drive space, the 'full' option is
quick, easy, and by far the most foolproof choice.  The 'newbie' mode
provides the most information but is much more time-consuming
(presenting the packages one by one) than the menu-based choices.
Otherwise, you can pick packages from menus using 'expert' or 'menu'
mode.  Which type of prompting would you like to use?
   full     Install everything (9+ GB of software, RECOMMENDED!)
   terse    Like 'full', but display one line per package during install
   menu     Choose individual packages from interactive menus
   expert   This is actually the same as the "menu" option
   newbie   Use verbose prompting ( the X series takes one year)
   custom   Use custom tagfiles in the package directories
   tagpath  Use tagfiles in the subdirectories of a custom path    
   help     Read the prompt mode help file
                    <  OK  >         <Cancel>             

次は、インストール時の各種設定に進みます。