Linuxを学び、楽しみたい人々のために

インストールメディアの作成

ページ作成日 2016/4/30
ページ更新日 2016/5/4

ISOファイルの作成

インストールメディアの作成方法は、slackware64-current/isolinux/README.txtに説明が書いてあります。

slackware64-currentのディレクトリに入り、mkisofsを以下のオプションを付けて実行すると、約2.6GBのISOファイルが出来上がります。


$ cd ~/slackware64-current
$ mkisofs -o /tmp/slackware-dvd.iso \
  -R -J -A "Slackware Install" \
  -hide-rr-moved \
  -v -d -N \
  -no-emul-boot -boot-load-size 4 -boot-info-table \
  -sort isolinux/iso.sort \
  -b isolinux/isolinux.bin \
  -c isolinux/isolinux.boot \
  -eltorito-alt-boot -no-emul-boot -eltorito-platform 0xEF \
  -eltorito-boot isolinux/efiboot.img \
  -m 'source' \
  -V "SlackDVD" .

出来上がったISOファイルを、USBインストールでも使えるハイブリッドモードにしておくと便利です。


$ isohybrid -u /tmp/slackware-dvd.iso

インストールDVDの作成

DVD-Rに焼くには、以下のコマンドを使います。
これで、インストールDVDの作成が完了です。


$ cd /tmp
$ growisofs -speed=2 -dvd-compat -Z /dev/sr0=slackware-dvd.iso

インストールUSBの作成

インストールUSBを作成するには、まず、どこにマウントされたかを確認する必要があります。
USBを挿した後、rootになって、dmesgを使うことで確認できます。


$ su
パスワード: 

# dmesg

すると、以下のような出力が得られ、どこにマウントされたかが分かります。
下記の例では、/dev/sde です。


[52927.175943] usb-storage 1-4:1.0: USB Mass Storage device detected
[52927.176292] scsi host11: usb-storage 1-4:1.0
[52928.294140] scsi 11:0:0:0: Direct-Access     UFD 2.0  Silicon-Power4G  1100 PQ: 0 ANSI: 0 CCS
[52928.294623] sd 11:0:0:0: [sde] 7925760 512-byte logical blocks: (4.06 GB/3.78 GiB)
[52928.295031] sd 11:0:0:0: [sde] Write Protect is off
[52928.295036] sd 11:0:0:0: [sde] Mode Sense: 43 00 00 00
[52928.295400] sd 11:0:0:0: [sde] No Caching mode page found
[52928.295403] sd 11:0:0:0: [sde] Assuming drive cache: write through
[52928.297532]  sde: sde1
[52928.298909] sd 11:0:0:0: [sde] Attached SCSI removable disk

現在挿しているUSBメモリのマウントの場所が分かったので、以下のコマンドでコピーします。
これで、インストールUSBの作成が完了です。


# exit
exit
$ dd if=/tmp/slackware-dvd.iso of=/dev/sde bs=1M

Top Pageに戻る
Since 2001 Written by Yoichiro Takehora