Linuxを学び、楽しみたい人々のために

このサイトについて

復活の経緯

この「逆襲のSlackware」というサイトは、2001年から2010年まで、自宅に固定IPが使える光回線を引いてSlackwareのサーバを立てて、そこで運営していたものです。
VMwareで働いていた時は、自宅にESXサーバを立てて、その上で運用したり、Akamaiで働いていた時はAkamai経由で配信してみたりと、趣味と仕事を兼ねて運用してました。

2008年に結婚して、すぐに第一子が生まれ、2010年に第二子が生まれました。
当時の住まいでは、二人の子供を育てるには手狭だったり、環境的にも不便だったりで、引っ越しました。
その際、このサイトを一旦停止させることにしたのですが、それから、もう6年も経過してしまいました。

1997年からSlackwareをいじり始めて、もうかれこれ20年近くが過ぎました。
他のディストリビューションに比べて、殆ど、遜色ないくらいにSlackwareも便利になりました。
しかし、自分で設定ファイルをいじったり、追加でパッケージを作って入れたりしないといけない部分もまだまだあります。
(それがSlackwareの良さでもあります。)

そういう、ちょっとした情報を、自分のローカルPC環境で残してきたのですが、基本的には自分の備忘録用として復活させました。
Slackwareを使っている、もしくは、これから使ってみようという仲間達の参考になれば幸いです。

運営

竹洞 陽一郎が、個人的に運営しています。

SNS関係は、以下のとおりです。