Linuxを学び、楽しみたい人々のために
slackwareロゴ

Simple is best, Slackware

Slackwareを学ぶ意義

Slackwareは、四半世紀近く前から存在する、最も古いLinuxディストリビューションの一つです。

パッケージの依存関係のチェックは、公式のパッケージについては可能です。
しかし、ディストリビューションに入っていないものについては、自分で確認してソースコードからビルドする必要があります。
それが、Unix系OSを扱う上で必要な作法を学ぶ、良い経験となります。

そして、Slackwareは、パッケージ管理システムが緩い分、自由さがあります。
Linuxを単にユーザとして使うのではなく、Linuxをいろいろといじってみる楽しさを味わいたい人に、Slackwareはぴったりのディストリビューションです。

Slackwareを使う意義

Slackwareを日々使う意義は、以下の三つがあります。

安定性

Slackwareは、安定性を第一に考えられてパッケージ構成が組まれています。
公式パッケージに含まれるものは、ある程度、開発や運用で実績がある、安定したリリースのものになります。
従って、公式パッケージ運用している分には、安定性とセキュリティについては安心して利用できます。

見通しの良さ

Slackwareは、公式パッケージの管理が、Patrick Volkerdingパトリック ヴォルカーディング氏を中心としたメンテナンスチームによって行われています。
公式パッケージには、一般的に利用されるソフトウェアパッケージが収められています。
それ以外は、自分でインストールするか、SlackBuildsのようなサードパーティのパッケージを使ってインストールします。

DebianやRedHatのようなディストリビューションとは異なり、依存関係にあるパッケージが自動的にインストールされません。
それが面倒という人も居ますが、自分が把握していないソフトウエアパッケージが入り込む事はないというメリットもあります。
これは、システム内にインストールされているパッケージを把握し、見通しが利き、結果的にシステムの安定性にも繋がります。

使いやすさ

Slackwareのパッケージ依存管理の自動解決システムが欠如している点を「使いづらい」という人もいます。
しかし、パッケージ依存管理システムは、システム管理ツールの一部でしかありません。
Slackwareは、名前の由来である「slack」(緩さ)による、使いやすさがあります。

パッケージ依存管理システムは、インストール時には便利でしょうけど、一方で、そのパッケージングルールに従わざるを得ないという「強制力」も持っています。
パッケージ依存管理システムのルールに基づいて運用されるからこそ、システムのクリーンさが保証されます。
そのルールから外れようとすると、途端に、使いづらくなってしまうのです。

Slackwareのパッケージは、単純にtar.xzで固めたアーカイブが基本です。
自分で簡単に、自分の望むconfigureオプションで、パッケージを作成することが可能です。
ですから、Unixでは一般的である、ソースコードからbuildするスキルを身に着ければ、自分で簡単に運用管理ができます。

Slackwareで基本を身に着けよう!

Slackwareを使いこなすためには、Unix/Linuxの運用管理に必要な基礎知識を身につけなくてはいけません。
言い方を変えると、Slackwareを使っていると、否応なしに、Unix/Linuxの運用管理に必要な基礎知識を調べて覚えていく事になります。
基礎さえ身に着けてしまえば、楽をするために、Debianでも、Ubuntuでも、CentOSでも、好きなディストリビューションを使えば良いのです。

「使われない能力は、磨かれない」と言われます。
自分でやらないといけない事が多いSlackwareは、それだけ、学ぶことが多いです。
ITエンジニアになりたい人や、ITエンジニアにピッタリのLinuxディストリビューションです。