NVIDAグラフィックスカード

NVIDIAのドライバのインストール

ページ作成日 2016/5/8
ページ更新日 2020/5/10

2019年8月、NVIDIAは、オープンソースのドライバ開発を支援するためにGPUに関するハードウェア文書を公開しました。
これにより、オープンソースのNVIDAグラフィックスカード用のドライバNouveauの性能が上がっていくと思います。
それはそれとして、純正ドライバを使いたい人のためのNVIDAドライバのインストール方法について解説しました。

NVIDIAのドライバのダウンロード

NVIDIAのグラフィックボードを使っていると、X Windowで読み込まれるのは、nouveauと呼ばれる、X.OrgFoundationとfreedesktop.orgのプロジェクトで開発されているドライバです。
グラフィックボード本来の性能を引き出すためには、NVIDAでリリースしているプロプライエタリのドライバをインストールすることをお勧めします。
また、4Kディスプレイを使用する場合は、必ずNVIDIAのドライバが必要になります。

パフォーマンスの面では、これくらい性能が変わります。
出典: Ubuntu 13.04 Desktop Comparison: 6 Desktops, 5 Driver/GPU Combinations

NVIDIAのドライバは、以下からダウンロードできます。
NVIDIAドライバダウンロード

NouveauのBlacklist化

Slackwareでは、NVIDIA用のオープンソースのドライバ、nouveauが用意されており、デフォルトで読み込まれるようになっています。
このままだと、NVIDIAのドライバのインストールができないため、Slackwareで用意したxf86-video-nouveau-blacklistというパッケージをインストールする事で、この問題を避ける事ができます。
このパッケージは、currentのInstall用ディスクのextraのフォルダに入っています。
ダウンロードする事も可能です。


$ cd ~/Downloads
$ wget https://mirrors.slackware.com/slackware/slackware64-current/extra/xf86-video-nouveau-blacklist/xf86-video-nouveau-blacklist-1.0-noarch-1.txz
$ su
Password:

# installpkg xf86-video-nouveau-blacklist-1.0-noarch-1.txz
# exit

これで一旦システムを再起動して、kernelをnouveauのドライバを読まないようにして起動させます。

ドライバのインストール

Linuxのカーネルのアップグレードを行ったら、必ずNVIDIAのドライバをインストールし直す必要があります。
Slackwareは、LinuxのカーネルのLTSを採用していますが、それでもカーネルの更新頻度は2〜3週に1回ぐらいあるので、頻繁にNVIDIAのドライバを入れなおす/入れ換える必要があります。

NVIDIAのLinux用ドライバは、Unixドライバー | NVIDIAにあります。

X Windowを一旦落として、ドライバをダウンロードし、suでrootに変わって、インストールを行います。


$ cd ~/Downloads
$ wget http://jp.download.nvidia.com/XFree86/Linux-x86_64/440.82/NVIDIA-Linux-x86_64-440.82.run
$ su
Password:

# sh ./NVIDIA-Linux-x86_64-440.82.run

ライセンス条項への同意

コンソールで以下のようなインストール画面が表示されます。

        NVIDIA Accelerated Graphics Driver for Linux-x86_64 (440.82)
 Please read the following LICENSE and then select either "Accept" to accept
 the license and continue with the installation, or select "Do Not Accept" to
 abort the installation.

                        Accept                Do Not Accept  

            License For Customer Use of NVIDIA Software


 IMPORTANT NOTICE -- READ CAREFULLY: This License For Customer Use of
 NVIDIA Software ("LICENSE") is the agreement which governs use of
 the software of NVIDIA Corporation and its subsidiaries ("NVIDIA")
 downloadable herefrom, including computer software and associated
 printed materials ("SOFTWARE").  By downloading, installing, copying,
 or otherwise using the SOFTWARE, you agree to be bound by the terms
 of this LICENSE.  If you do not agree to the terms of this LICENSE,
 do not download the SOFTWARE.


  NVIDIA Software License                                                  Top 

矢印キー(←→)でAcceptを選択して、Enterキーを押します。

32bit互換ライブラリのインストール

32bit互換ライブラリをインストールするかどうかを選択します。
Slackwareを、WineやSkypeのような32bit版しかないアプリケーションを使うために64bit・32bit混在のmultilibシステムにしているのであれば、インストールします。
そうでなければ、インストールする必要はありません。

        NVIDIA Accelerated Graphics Driver for Linux-x86_64 (440.82)
Install NVIDIA's 32-bit compatibility libraries?

                          Yes                       No   







  NVIDIA Software Installer for Unix/Linux                      www.nvidia.com 

Xの設定ファイルの更新

/etc/X11/xorg.confを更新するかどうかを選択します。
初めてのインストールであれば、Yesを選択します。

ドライバの更新であれば、Noを選んで既存のxorg.confを活かします。
ここでNoを選んでも、インストール後に、nvidia-xconfigというコマンドを使って、いつでもxorg.confを作成可能です。

        NVIDIA Accelerated Graphics Driver for Linux-x86_64 (440.82)
 Would you like to run the nvidia-xconfig utility to automatically update
 your X configuration file so that the NVIDIA X driver will be used when you
 restart X?  Any pre-existing X configuration file will be backed up.

                          Yes                       No   







  NVIDIA Software Installer for Unix/Linux                      www.nvidia.com 

インストールの完了

インストールが終わると以下の画面が表示されるので、Enterキーを押して終了します。

xorg.confを適切に設定する必要があります。
以下の画面に書いてあるとおり、/usr/share/doc/NVIDIA_GLX-1.0/READMEに詳細が書いてあります。

        NVIDIA Accelerated Graphics Driver for Linux-x86_64 (440.82)
 Installation of the NVIDIA Accelerated Graphics Driver for Linux-x86_64
 (version: 440.82) is now complete.  Please update your xorg.conf file as
 appropriate; see the file /usr/share/doc/NVIDIA_GLX-1.0/README.txt for
 details.


                                       OK   






  NVIDIA Software Installer for Unix/Linux                      www.nvidia.com 

グラフィックボードの設定

X Window起動後に、コンソールでnvidia-settingsというコマンドを実行することで、GUIベースの設定画面が表示されます。


$ nvidia-settings

nvidia-settingsの画面

グラフィックボードの状態の確認

グラフィックボードの状態を確認したい場合は、コンソールでnvidia-smiというコマンドを実行することで、状態を把握できます。


$ nvidia-smi
Sun May 10 18:20:58 2020       
+-----------------------------------------------------------------------------+
| NVIDIA-SMI 440.82       Driver Version: 440.82       CUDA Version: 10.2     |
|-------------------------------+----------------------+----------------------+
| GPU  Name        Persistence-M| Bus-Id        Disp.A | Volatile Uncorr. ECC |
| Fan  Temp  Perf  Pwr:Usage/Cap|         Memory-Usage | GPU-Util  Compute M. |
|===============================+======================+======================|
|   0  GeForce GTX 166...  Off  | 00000000:01:00.0  On |                  N/A |
| 45%   35C    P8    13W / 125W |    392MiB /  5943MiB |     15%      Default |
+-------------------------------+----------------------+----------------------+
                                                                               
+-----------------------------------------------------------------------------+
| Processes:                                                       GPU Memory |
|  GPU       PID   Type   Process name                             Usage      |
|=============================================================================|
|    0      6966      G   /usr/libexec/Xorg                            306MiB |
|    0      7161      G   kwin                                          44MiB |
|    0      7243      G   /usr/bin/amarok                                2MiB |
|    0      7515      G   ...quest-channel-token=7770791250961032608    34MiB |
+-----------------------------------------------------------------------------+