Linuxを学び、楽しみたい人々のために

R

ページ作成日 2016/5/3

統計データ分析で、今やデファクトスタンダードとなりつつあるR。
書籍など情報も充実しています。
私も仕事で毎日使っています。

IDE環境のR Studioを入れる際にも必須です。

公式サイト

The R Project for Statistical Computing

Package情報

r-3.3.0-x86_64-1.txz

環境設定

特にありません。

Make it by yourself!

まずは、自分のホームディレクトリにソースを落とし、展開します。


$ cd /home/takehora/Downloads
$ wget https://cran.r-project.org/src/base/R-3/R-3.3.0.tar.gz
$ tar -zxvf R-3.3.0.tar.gz

configureのスクリプトを走らせます。
私の場合は、Javaは使わないので、--disable-javaにしていますが、Javaを使う方はJDKもしくはJREを入れて、このオプションを外せばJavaのインターフェースが一緒にコンパイルされます。
もう一つ、inconsolata.styが無いと表示されますが、PDFのドキュメントを作成するのでなければ無視して良いです。


$ cd /home/takehora/Downloads/R-3.3.0
$ ./configure --prefix=/usr --disable-java

makeし、その後rootにsuして、make installします。


$ make
[画面出力を省略]

$ su
Password:

# make install DESTDIR=/var/tmp/R-3.3.0
[画面出力を省略]

パッケージを作成します。


# cd /var/tmp/R-9100h
# makepkg --linkadd y --chown n ../r-3.3.0-x86_64-1.txz

[画面出力を省略]

Slackware package ../r-3.3.0-x86_64-1.txz created.

あとは、このパッケージのパーミッションを755に変更すれば完了です。


# chmod 755 r-3.3.0-x86_64-1.txz
# installpkg r-3.3.0-x86_64-1.txz

Top Pageに戻る
Since 2001 Written by Yoichiro Takehora