Linuxを学び、楽しみたい人々のために

ミラーとのrsyncによる同期

ページ作成日 2016/4/30

Slackwareのファイルをローカルに落とす

自分が使っているPC上に、slackware64-currentのリソースをダウンロードしている方はそれなりにいらっしゃると思います。
インストールディスクを作成する際には、ローカルディスクにダウンロードしてあると便利です。
また、パッケージ管理でも、slackpkgでは不具合が生じた際に、ローカルディスクから取得する事で修正が可能です。

slackware64-currentの最新版を、自分のPCのストレージに落として同期を取るには、rsyncが便利です。

ミラーを置いてあるサーバのリスト

rsyncが使えるミラーを置いてあるサーバは、公式サイトのmirror listで確認が可能です。
ここに掲載されているサーバ群は、 mirrors@slackware.com宛にメールして通知してあるものだけらしく、実際のサーバの数より少ないです。
ダウンロードするだけであれば、/etc/slackpkg/mirrorのリストを見た方が良いでしょう。

LinuxTracker.orgも便利です。

rsyncを使う

rsyncは、以下のようなオプションを付けて利用します。


$ cd ~
$ rsync -vzrt --delete rsync://ftp.yzu.edu.tw/Linux/Slackware/slackware64-current/ ./slackware64-current
-v
進行状況などの詳細を画面に出力
-z
データ転送時に圧縮
-r
指定ディレクトリ配下を全て対象とする
-t
タイムスタンプをそのままコピー
--delete
転送元に存在しないファイルは削除

このようなオプションの指定で、ミラーにある内容とそっくりそのまま同期を取ってくれます。
一回、同期を取った後は、更新の都度、同じオプションでrsyncを使えば、削除されたファイルもちゃんと削除してくれます。

Top Pageに戻る
Since 2001 Written by Yoichiro Takehora